• 本日立ち上げたJ-Clinicは、複数の科学分野にわたるMITの専門知識を基盤にしています
  • これは、MITと社会的企業組織Community Jameelとの第4の重要なコラボレーションです
  • 新センターは、予防医学、臨床診断、創薬、開発に機械学習の力を活用します
  • この研究は、アルツハイマー病やパーキンソン病などの癌および神経変性疾患から、糖尿病、腎臓疾患、喘息などの慢性疾患まで、数百万に影響を及ぼす広範囲の条件に焦点を当てます

Mohammed Abdul Latif Jameel ’78が設立し、議長を務める社会企業組織・MITCommunity Jameelは、本日、Abdul Latif Jameel Clinic for Machine Learning in Health (J-Clinic)を立ち上げました。これは、MITとCommunity Jameelの第4の重要な共同作業です。

MITの知的探求の重要な要素であるJ-Clinicは、病気の予防、検出、治療に革命を起こす機械学習技術の開発に焦点を置いています。それは、診断から医薬品に至るまでの医療分野において、高精度で手頃な価格のスケーラブルな機械学習技術を生み出し、商品化することに重点を置いており、次の3つの重点分野に関連します。

  • 非感染性疾患の経過をその経路で止めることによって変化させる可能性を秘めた、予防医学の方法と技術
  • 健康上の問題を検出し軽減することができる、費用効果の高い診断テスト
  • 新しい医薬品、特に個別にカスタマイズされた治療法を対象とした医薬品の迅速かつ安価な発見、開発、製造を可能にする医薬品の発見と開発

J-Clinicの総合的なアプローチは、他の分野の中でも、細胞生物学、医学生物学、コンピュータサイエンス、エンジニアリング、社会科学においてMITの強力な専門知識を活用します。

MITのL. Rafael Reif社長は、「医療制度にはデータが不足しているわけではありませんが、人口レベルのデータを、個人のケアを的確に調整可能にする臨床的な洞察に応用できるツールや専門家をほとんど活用できていません。癌から神経科学までの分野におけるMITの深い専門知識と、ボストンの世界レベルの医療界への長年にわたる関係を基に、J-Clinicは、開発途上国の村から主要な教育研究病院まで、あらゆる場所でより効果的な医療を提供できるような新しい技術を生み出すべく、加速化された進路を提示します。」

「MITと協力してより良い世界をつくるためのその取り組みへの人道的ビジョン、大胆さ、寛大さ、そして絶え間なき熱意に対し、Community Jameelに感謝します」とReifは付け加えています。

J-Clinicは、MITの医療界およびボストン地域の病院との強力な関係を活用して、新技術のテスト、統合、導入を行います。また、これら新技術を実生活に導入する新興企業や製薬会社へのライセンス供与を通じて商品化やスピンアウトを可能にするような、特許性ある研究を進めるよう努めます。

「J-Clinicは、より的確、手頃な価格かつパーソナライズされた病気の予防、検出、治療を行う機械学習技術とアルゴリズムの開発を加速することにより、世界にプラスの影響を与えます」とJ-Clinicの議長を務めることになるAnantha P. Chandrakasan(MIT工学部学部長)とVannevar Bush(電気工学・コンピュータサイエンス教授)は述べています。「これは、生命科学ならびに人類および人工知能に関する最新の研究の相乗効果を増幅させる、実に多面的な取り組みです。J-Clinicは、人類の向上に向けたイノベーションを促すことになるでしょう。」

J-Clinicは、その任務の一環として、機械学習と生物学の交点にある研究プロジェクト、教育、ワークショップその他の活動を支援します。

「MITの機械学習にかかる専門知識を医療に活用することで、世界中の人々への医療の成果が変わるでしょう」とCommunity Jameel International社長、Fady Jameelは述べています。「ヘルスケアは、サウジアラビアで身体的リハビリテーションのための最初の非営利病院を設立してから、障がい者研究のためのKing Salman Centeとパートナーシップを結ぶまで、Community Jameelにとって重要な活動領域をなしてきました。J-Clinicは、サウジアラビアや世界各国で最先端の研究を支援し、医療の革新を推進するための探求を続けています。」

機械学習と臨床および生物学的洞察とのこのような結びつきは、医療と医療分野における世界的な変革を促すことを切望するものであり、何百万人もの人々の命を救い、新しい技術を生み出し、世界中の医療界全体を改善することを目指しています。

Community Jameelからのギフトは、同社がより良い未来を創り出すことに重点を置いていることと一貫するものです。MITとCommunity Jameelとの早期協力には、変わりゆく世界における貧困問題への答えを追求するAbdul Latif Jameel Poverty Action Lab(J-PAL)(2003年設立)、人口増加と気候変動に起因する食糧や水の不足と安全問題に取り組むAbdul Latif Jameel Water and Food Systems Lab(J-WAFS)(2014年設立)、革新的でスケーラブル、かつ持続可能な教育改革を追求するAbdul Latif Jameel世界教育研究所(J-WEL)(2017年発足)が含まれます。

Community JameelとMITは、1994年からのAbdul Latif Jameel-Toyota給付型奨学金、MIT企業フォーラム「アラブ起業アイディアコンテスト」「サウジ起業アイディアコンテスト」でも協力しています。