サウジアラビア政府は素晴らしい計画の下、Neomと呼ばれる新たな「スマートシティ」計画を進めています。ここは世界で最も先進的な都市です。Abdul Latif Jameelではスマートシティの将来について以下の点で査定を行っています:スマートシティとは一体何なのか?どう機能するのか?背後にどのような理論があるのか?そしてなぜ経済的にも物理的にも私たちの将来の健康にとって重要なのか?

はじめに

世界人口は史上最も急激に成長しています。1960年に世界人口は30億を超えました。現在もその数は急増しています。世界銀行は2016年の人口を74億4,000万人と見積もりましたが、これはわずか56年間で約146%の増加に値します。サウジアラビアに関していえば数字はさらに驚くべきものです。1960年、同国の人口は409万人でした。2016年までに3,228万人に達し、同じ56年間で689%の増加になっています[1]

こういった上昇により、食料や水からエネルギー、宇宙、きれいな空気など、資源への需要が劇的に増加しています。世界各地の、過去の技術を用い過去の人口に合わせて設計された都市が、全く想定外である今日の人口のニーズを満たす負担に耐え切れず崩壊し始めています。

問題は恐るべきスピードで増加しています。スイスに本拠を置く国際規格機関である、国際電気標準会議(IEC)によれば、「都市部の人口は移住や出産によって毎日約15万人増加している[2]とのことです。

都市人口増加の課題

このような驚くべき規模の人口増加に直面して、都市は持続可能性についての3つの課題に直面しています。

  1. 市民に経済的な発展の余地を提供するという経済的課題
  2. 機会、安定、安全にかかわる生活の質に影響する社会的課題
  3. 独自の都市計画かもしくは天候や地質学的な出来事を通じた環境的課題[3]

この内の1つである環境的課題を詳しく見てみると、世界中の都市が直面する課題の大きさを知ることができます。世界保健機関の国際健康観測所(WHOGHO)によると、環境大気汚染は全ての死亡原因の5.4%にあたるとのことです[4]。現在世界人口の92%は、空気の質がWHOのガイドラインの制限を超える地域に居住しています[5]

経済面では、世界銀行は将来的な世界のGDP成長率の75%が都市や町から生みだされると推計しています[6]。国連はすべての国で、都市化が一人当たりの所得や生産性の増加を伴う経済成長を促進し、経済集積の一環だとしています[7]。しかし、期待に応え生活条件を良くしようというプレッシャーだけが高まっています。

環境課題を解決すると同時に、都市の経済ポテンシャルを広げ社会正義を実現することは、すべての公的機関にとって極めて重大な試練だと言えるでしょう。

そしてこの試練は、現在多くの場合失敗に終わっています。

新たなスマートシティの構想、開発、発展の中にこういった問題の解決策があるのでしょうか?

サウジアラビアの持つポテンシャルを理解する

サウジアラビア政府は「ビジョン2030」の国家開発計画において、世界のトップ100都市の中にサウジアラビアの3都市をランク入りさせるという目標を掲げています[8]。政府はまた次のようにもいいます、

「すべての人の生活の質を向上させ、市民のニーズと要求を満たすために、水道、電気、公共交通機関、道路などの高品質なサービスが適切に提供されるようにしていきます。個人や家族の娯楽のニーズを満たすために、オープンで美しい地域もさらに発展させます」。

サウジアラビアは、アジア、ヨーロッパ、アフリカの3つの大陸が交差し、世界人口の半分に5時間以内のフライトでアクセスできる場所に位置し、新たなグローバル都市に確実に適しています[9]。サウジアラビアはすでにMENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域にとって重要な位置を占め、その株式市場であるTadawulは、時価総額4,660億ドルのGCC(湾岸協力理事会)の主要なマーケットになっています。

強固な経済力に加えて、サウジアラビアは若く技術に精通した人材の恩恵も受けています。人口の約半数が25歳未満[10]という変動する人口統計はモハメド・ビン・サルマン王子の推し進める改革を補完しています。「ビジョン2030」の目標に沿った経済の多様化を全国的に推進することは、教育水準の上昇に支えられています。また、鉄道、海上、空中でサウジアラビアのインフラ投資はこれまでになく高まりました。

ビーコンプロジェクトにはジッダのキング・アブドゥルアズィーズ国際空港(KAIA)の72億米ドルの拡大や、キング・アブドラ経済都市のインダストリアル・バレーそばに位置するアブドラ港の50億ドルの開発が含まれ、さらにサウジアラビア総合投資院(SAGIA)の計画では、2024年までに鉄道、地下鉄、バスのプロジェクトに1,410億米ドル以上を投資する予定です。これには、キング・アブドラ経済都市、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港、ジッダを経由する高速鉄道とリヤド・メトロプロジェクトなどがあります。

このようなビジョンと進歩の背景には、スマートシティは、都市コミュニティの増大する課題に取り組むというより、むしろ課題に取り組む環境を創造するという意味で理論や革新の次の手段になります。

スマートシティとは何ですか?

スマートシティは、テクノロジーの潜在力を最大限に活用するために設計された新しい都市です。大都市開発につきものの持続性、渋滞、運輸、エネルギー使用などの課題に対処し、また医療への迅速なアクセス、より統合された交通、少ない公害などの利点を通じて住民の生活の質を向上します[11]

スマートシティを正確に定義することは困難です。トップクラスの大学、研究所、規格団体からのアドバイスを受けた有力企業のネットワークであるSmart Cities Councilは言います。「スマートシティ分野は依然として広く合意された定義がないまま、『見てはじめて分かる』という段階です」[12]

しかし現在、世界中のスマートシティ全般に共通の構造が適用されています。英国政府のスマートシティに関する報告書は、「都市がより生き生きとして柔軟性を持ち、新しい課題へ迅速に対応できるプロセスや一連のステップ」と定義しています。[13]

同報告書によれば、スマートシティとは、物理的なインフラストラクチャー、地域の技術やコミュニティを含む社会資本、そして(デジタル)テクノロジーをひとつにまとめ、持続的な経済発展の促進とあらゆる人にとって魅力的な環境を提供すると示唆されています。

同様に、IBMのスマートシティに関する報告書によると

認知コンピューティングが市民参加を形成する能力は、政府機関が、市民の生活やビジネス環境の改善、各自の個人的体験の提供、プログラムやサービスの成果の最適化を行う上で、新しいチャンスになります」。[14]

どのような定義がスマートシティに与えられても、核となる要素はひとつ、すなわちテクノロジーが重要です。Smart Cities Councilではスマートシティをこう定義しています。では、スマートシティを「すべての都市機能にデジタル技術が組み込まれた都市」と定義しています。[15]

処理能力が指数関数的に上昇し続け、人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、IoTが私たちの生活を変えるにつれ、スマートシティはこれらのツールを活用して21世紀に求められる生活に応えることを目的としています。

スマートシティのアイデアの実践

これらの理論の要素はすでにいくつかの都市で実践されています。たとえばロンドンでは、SCOOTトラフィックシステムを使用して、オンラインコンピュータが15,000台の検出器からリアルタイムで交通量を監視し、信号機のタイミングを最適化することで、首都の遅延を12%解消しました[16]。現在、同じシステムが全国の250以上の町や都市で使用されています。

一方、シンガポールはJuniper ResearchのTop 20 Global City Performance Index 2017の4つのカテゴリー(移動性、健康、安全性、生産性)全てにランクインしました[17]。シンガポールの成功の大部分は、世界をリードするスマートシティになるための総合的なアプローチによるものです。

道路の交通量を改善するためのスマート技術を導入するのと同時に政策で路上の車両数を減らしています[18]。また、犯罪行為を検出するためにスマートビデオ監視を試行し、デジタルサービスプラットフォームやリモート監視デバイスを使用して、特に高齢者の医療提供が増加、改善しました。

世界中でスマートシティのコンセプトが牽引しています。都市計画者はスマートシティの長所を長らく発展させており、ますます地方自治体や政府とのつながりを見出しています。技術の進歩が明らかになるにつれて、スマートシティの枠組みが固まり、投資が確保され、スマートシティは世界中の都市生活の新しい基準になると期待されています。

これらの新しいスマートシティの大部分は、都市が市民にサービスを提供する仕組みを破壊し、変革すると考えている7つの技術によるものです[19]。これらの7つのテクノロジーは次のとおりです。

  1. 5Gモバイルネットワーク、これは4Gネットワークよりも最大で60倍速く、2020年までに利用可能になると予想されています。
  2. ブロックチェーン、現在保証人として機能する証券取引所などの仲介業者を通さず取引を可能にする金融技術[20]
  3. 人工知能、香港、上海、シドニー、ニューヨークですでに使用され、スマートパーキングを提供し建物のエネルギー効率を向上させています。
  4. 自動運転車は、今後数十年で莫大な影響を与え始めるでしょう。調査によると、自動運転タクシーと高速都市間鉄道システムの融合で、都市内の車両数を最大90%削減できうるとのことです。[21]
  5. 低コストの宇宙探査とマイクロ衛星、リサーチ会社であるガートナーは、2020年までに200億の関連事項を強化する重要な要素になると予測しています。[22]
  6. 生体認証、世界中で急速に普及しの人々の身分を証明し、結果詐欺や無駄、汚職を軽減するでしょう。
  7. ドローン、人工知能と組み合わせることにより、荷物の宅配から屋上や塔のメンテナンスチェックなどの危険な仕事まで、すぐにすべてを実行することができるようになるでしょう

サウジアラビアが特に重要な役割を果たす中東では、都市生活の課題がすでに検討されています。

2018年5月に、MadinahのTaibah大学で第1回International Conference on Humanizing Citiesが開催されました。この会議の主旨は次の点です。「現代的な手法で公共の場や都市の中心とその周辺を開発し、都市空間や都市生活を向上させる。その結果都市生活をより親しみやすく快適な場所にする[23]」。

世界中から一流の専門家や学者がカンファレンスに参加するためにサウジアラビアへとやってきました。ほんの7ヶ月前にNEOMを公表したばかりだったので、そうなることは想像に難くありません。

NEOMの紹介 – 世界をリードするサウジアラビアのスマートシティ

サウジアラビアが経済の多様化と近代化計画を進めていく中で、ある主要なプロジェクトがその他のプロジェクト同様に注目を集めています。

2017年10月、モハメド・ビン・サルマン皇太子は、世界の究極のスマートシティとしてNEOMの建設計画を発表しました。

サウジアラビア、ヨルダン、エジプトに広がる10,230平方マイルの土地(シンガポール37個分)に建設され[24]、NEOMは世界で最も急速に成長する産業のハイテクハブになります。その戦略的な立地は、紅海、アカバ湾、スエズ運河の貿易ルートを利用するように設計されており、新しくキング・サルマン橋を建設し、サウジアラビアとエジプト間を直接つなぎます。

その名前にも、NEOMの野望が込められています。ギリシャ語で「新」を表すネオ、アラビア語で「未来」を表すmostaqbalに由来しているのです。

2017年6月には、Siemens社の元CEO、Klaus KleinfeldがNEOMのCEOに就任しました。2018年7月のNadhmi Al-Nasrへの引き渡しの前に、彼はプロジェクトに決定的な勢いをもたらすと信じられています。

「私たちは一から町を建てる」とモハメド・ビン・サルマン皇太子は言います。「ドローンフレンドリーな、ロボット工学の発展の中心地となるでしょう。私たちは今までとは違うものを作りたいと思っています。NEOMは世界中の新たなものの創造を夢見る人のための場所です[25]」。

 サウジアラビアの公共投資基金や国際的な投資家から5,000億米ドルの支援を受けたこの都市は、サウジアラビアの経済を多様化する戦略の重要な支えのひとつです。この都市は9つの産業に焦点を当てます。

  1. エネルギーと水
  2. モビリティ
  3. バイオテクノロジー
  4. 食物
  5. 高度な製造業
  6. メディアとメディア制作
  7. エンターテインメント
  8. 技術とデジタルサービス
  9. 生活(住宅、教育、医療など)

これら9つのセクターでサウジアラビアの強みを伸ばすことで、NEOMは2030年までにサウジアラビアのGDPに1,000億米ドルの貢献をもたらすことが可能であり、1人当たりGDPは世界一になるでしょう。[26]部分的にロボットの使用と自動化のおかげで、現在未熟練労働者が行っている反復作業はなくなるでしょう[27]

NEOMの発表声明のなかで、モハメド・ビン・サルマン皇太子は、この未来スマートシティ(世界人口の70%に8時間未満でアクセスできる)についてより詳細な説明をしました。皇太子は言います[28]

「未来のテクノロジーがNEOMの発展の基盤を成しています。自動運転や旅客ドローンなどの既存の交通の概念を壊すソリューション、食料生産や加工の新しい方法、患者の総合的な幸福を中心とするヘルスケア、デジタルエアと呼ばれる無料のワイヤレス高速インターネット、無料で継続的に受けられる世界水準のオンライン教育、フルスケールの電子政府により指先操作で得られる都市サービス、正味ゼロ炭素住宅を標準にする建築基準、歩行と自転車を奨励し、再生可能エネルギーのみで動く都市計画。これらはほんの一例です。

 このすべてが、未来の最高の技術と優れた経済の見通しとあいまり、人類の野望と展望を踏まえて新しい生き方を生み出します」。

 

NEOMはどのように機能しますか?

NEOMの計画の裏には先例のない目標があります。この都市は独自の自由貿易圏で開発され、サウジアラビアの他の地域とは独立した独自の課税、関税、労働法を制定し規制する権限を有します。

このモデルは他のMENAT地域でも成功裏に導入されており、NEOMはすぐにそのような地域になります。これにより、「地域、投資家、住民の健康な成長と富」[29]を保障する力と自由が得られます。

平均風速10.3メートル/秒[30]の豊富な太陽光資源を有するNEOMは完全に再生可能エネルギーによって支えられた都市になるでしょう。その輸送システムは100%グリーン」そして「自動化」[31]され世界的なクオリティ・オブ・ライフを目指す都市の取り組みは、教育、住宅、医療の提供に広がります。

NEOMのコンセプトは6つの主要な柱に基づきます。

  1. 人間優先:快適な生活環境を持つ「牧歌的な社会」を目指します。
  2. 健康的な生活と交通:都市はウォーキングとサイクリングを促進するよう建設され、先端技術を用いて「これまでにない交通インフラ[32]」が作られます。
  3. サービスの自動化:政府サービスのため完全自動化システムである「電子政府」を初めて提供します。
  4. デジタル化:「デジタルエア」イニシアチブを通じて、すべての市民に高速インターネットアクセスとオンライン教育を完全に無料で提供します。
  5. サステナビリティ:都市は再生可能エネルギーのみを使用し、建物は「実質ゼロの二酸化炭素排出量[33]」になる。
  6. 革新的な建設:新しい技術や材料を奨励し、将来的な要件を満たします。

モハメド・ビン・サルマン皇太子が強調するように、人工知能、ロボット工学、そしてドローンが重視され、スーパーマーケットは従来の形態ではなくなります。代わりに、自動化によって必要なものが直接人々の家に届きます。これらの野望すべてが、なぜ一流のハイテクアナリストが「強化版スマートシティ[34]」と呼ぶのかの説明になっています。

サウジアラビア全体でスマートシティ促進にコミット

王立公認測量機関によると、「重要なスマートシティセクターにはエネルギー、水道、輸送が含まれる[35]とのことです。主要産業はすべて、Abdul Latif Jameelが幅広くかつ世界をリードする経験と専門知識を有する「人生のインフラ」に含まれます。

Abdul Latif Jameel InvestmentsのOmar Al Madhiシニア・マネージング・ディレクターは、サウジアラビアが次のエキサイティングな局面を迎える中で、これらの実績が大きな貢献を果たしていると考えています。

Al Madhi氏:「60年以上にわたって、Abdul Latif Jameelはサウジアラビアの中心的な企業です。私たちの事業は進化・多様化しており、現在、人生のインフラに貢献する7つの主要セクターにまたがって取り組んでいます。私たちは、自国に世界レベルの知識と専門性をもたらし、サウジアラビア市民の技能を向上させ、私たちが奉仕する地域社会の生活の質を大幅に向上させました。私たちはこれらの成果を非常に誇りに思っており、今後もより良い未来を提供するよう努めていきます」。

 Abdul Latif Jameelは、ビジョン2030で述べられた目標を完全に支持しています。NEOMは、世界で最も優れたスマートシティになる可能性を秘めています。私たちは、このようなエキサイティングなプロジェクトの実現に貢献します」。

 NEOMは、サウジアラビア、エジプト、ヨルダン近隣に莫大な利益をもたらすだけでなく、ビジョンの実現に必要な実際的な専門知識と技術ノウハウを活用し国際投資家に実のある機会をもたらします。

 Al Madhi氏:「サウジアラビア経済の多様化は、今後のわが国の重要な発展の1つです。国際投資家は既にNEOMのようなプロジェクトの巨大な可能性に目を向け始めており、Abdul Latif Jameel Investmentsは復興したサウジアラビア経済の意義や機会について野心的なグローバル企業の理解を助ける態勢を整えています」。

 スマートシティのビジョンを推進するグローバルな組織の1つにNewCities Foundationがあります。「より包括的で、つながりがあり、健康で活気のある都市[36]を作るために活動する非営利団体です。彼らは世界中で展示会、会議、セミナーを企画し、スマートシティコンセプトの基本となる最先端分野の専門家やイノベーターを集めています。

Hassan M. Jameel氏は、2016年11月に東京で開催された3回目の「Cities on the Move」イベントで以下のように述べました。「都市の移動しやすさは、都市が経済的、社会的、環境的に進歩していく上で、原動力になるために非常に重要です。都市は交通機関を中心に造られています。都市内での交通の仕組み、どのように道路を造るのか、どのように都市内を移動するのかなどです。都市の移動性と安全性は、サウジアラビアの都市開発に焦点であり、重要な要素です」。

今日、これらの優先事項は今まで以上に重要です。例えば、スマートトラフィック技術はNEOMのトラフィックを25%、混雑を40%削減する可能性があると推定されています[37]

Abdul Latif Jameelは、「人生のインフラストラクチャー」であるエネルギー、交通、水など都市計画上の主要産業を理解し投資することによって、サウジアラビアに最高の知識をもたらし、支援する関係と建物の専門知識を育んでいます。それが活気に満ちた、技術主導の都市の構築につながるのです。

スマートな未来のための信頼できるパートナー

Abdul Latif Jameelは、経済の多様化、持続可能性、成長のためのサウジアラビアの取り組みを長く支援してきました。70年にわたり、サウジアラビアのすべての市民にとってより良い未来を提供するために努力し、都市をより住みやすくするための長年のコミットメントは明らかです。

NEOMの第1段階は2025年に完了する予定であり、Abdul Latif Jameelはその可能性にワクワクしています。ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は次のように述べました。「このプロジェクトは、従来の投資家のための場所ではありません。これは世界で何かを実現することを夢見る人のための場所です[38]」。

Abdul Latif Jameel Investmentsを通じて、Abdul Latif Jamelは新たに民間セクターが資金をサウジアラビア経済に投じたくなるように献身的な取り組みを行ってきました。同国における最も信頼できる投資パートナーになるという目標を積極的に追求しています。

Abdul Latif Jameel InvestmentsのOmar Al-Madhiシニア・マネージング・ディレクターは以下のように述べました。Abdul Latif Jameel Investmentsは、海外からのサウジアラビアの生活インフラへ直接投資を推進することにコミットしています。Abdul Latif Jameel Investmentsは、サウジアラビアやさらに広いMENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に貢献する主要産業を経済的、社会的、発展的に慎重に選択して提唱することで、次の50年間の発展を促していきます」。

 「機会が持続可能なスケーラビリティを黎明期の部門にフォーカスすることで、世界のこの地域でビジネスを行うことを望む重要な企業にとって、我々は好ましいパートナーになりました」。

世界での経験と輸送、土地と不動産、そしてエネルギーと環境サービスにおける成功実績のある地場の専門知識を結集して、Abdul Latif Jameel Investmentsは投資家が同国のエキサイティングな発展と活気に満ちたスマートシティの野望を最大限に活用できる比類ない位置を占めています。

詳細については、次のURLを参照してください。www.alj.com

[1] Data: Population, Total, The World Bank, accessed April 2018

[2] Orchestrating infrastructure for sustainable Smart Cities, IEC, 2014

[3] Orchestrating infrastructure for sustainable Smart Cities, IEC, 2014

[4] Mortality and burden of disease from ambient air pollution, World Health Organization, accessed April 2018

[5] Air pollution, World Health Organization, accessed April 2018

[6] Reshaping Economic Geography: World Development Report 2009, The World Bank, 2009

[7] Urban Economic Challenges and the New Urban Agenda, UN Habitat, accessed May 2018

[8] Vision 2030, Kingdom of Saudi Arabia

[9] Saudi Arabia: Transport and Logistics Opportunities, Saudi Arabia General Investment Authority, September 2016

[10] Saudi youth anxious to see progress on prince’s reform plan, Financial Times, 27 July 2017

[11] Do we really need smart cities? TechRadar, 20 March 2016

[12] Definitions and overviews, Smart Cities Council, accessed April 2018

[13] Smart Cities: Background paper, UK Department for Business Innovation and Skills, October 2013

[14] Smarter Cities: New cognitive approaches to long-standing challenges, IBM, accessed April 2018

[15] Definitions and overviews, Smart Cities Council, accessed April 2018

[16] Pedestrian SCOOT system, TRL, accessed April 2018

[17] Smart Cities – What’s In It For Citizens? Juniper Research, 12 March 2018

[18] Smart Cities – What’s In It For Citizens? Juniper Research, 12 March 2018

[19] Top 7 disruptive technologies for cities, The World Bank, 12 April 2018

[20] Top 7 disruptive technologies for cities, The World Bank, 12 April 2018

[21] Creating Future Cities with Self-Driving Vehicles, Urban Redevelopment Authority of Singapore, 26 November 2017

[22] Gartner Says 8.4 Billion Connected “Things” Will Be in Use in 2017, Up 31 Percent From 2016, Gartner, 7 February 2017

[23] KSA’s Madinah to host 4-day international conference on ‘humanizing cities’, Arab News, 26 April 2018

[24] Saudi Arabia’s Neom: Oasis or Sand Castle? Bloomberg, 24 October 2017

[25] Saudi Arabia’s new city, Neom, a mecca for robots, The Washington Times, 24 October 2017

[26] Neom fact sheet, Discover Neom, accessed April 2018

[27] Saudi Arabia’s new super city: Fast facts, Fox Business, 24 October 2017

[28] Neom – The Destination for the Future, Discover Neom, 24 October 2017

[29] Neom: New Way, New Era, Discover Neom, accessed April 2018

[30] Neom fact sheet, Discover Neom, accessed April 2018

[31] Neom: New Way, New Era, Discover Neom, accessed April 2018

[32] Neom fact sheet, Discover Neom, accessed April 2018

[33] Neom fact sheet, Discover Neom, accessed April 2018

[34] “A smart city on steroids” – what will it be like to live in Saudi Arabia’s $500bn digital oasis, Neom? Verdict, 4 November 2017

[35] Smart cities, Royal Institution of Chartered Surveyors, 2 February 2017

[36] Our Mission, New Cities Foundation, accessed April 2018

[37] Neom: New Way, New Era, Discover Neom, accessed April 2018

[38] Saudi Arabia seeks new economy with $500 billion business zone with Jordan, Egypt, Reuters, 24 October 2017