オマル・H・A・アルマディ

Omar Al-Madhi

オマル・H・A・アルマディ

シニア・マネージング・ディレクター

Abdul Latif Jameel Investments

オマル・アルマディは、Abdul Latif Jameel Internationalに属するAbdul Latif Jameel Investmentsのシニア・マネージング・ディレクター兼取締役です。1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、独立系の国際的な、家族所有の多角的な事業群からなるAbdul Latif Jameelの一員です。

オマルは、Abdul Latif Jameelの多角化への取り組み、成長および新規分野や新規地域への参入を支援する事業の構築およびそれら事業への投資に特化した十分な資金力を備えたベンチャー企業であるAbdul Latif Jameel Investmentsを統率しています。

現在の役職に就く以前は、ヨーロッパを拠点とする世界的な自動車製造グループのサウジアラビアにおける最高経営責任者でした。また、サウジアラビア総合投資庁(SAGIA)やSaudi Aramcoなど、サウジアラビア政府においても数々の上級職を歴任し、労働大臣の顧問も務めました。McKinsey & Companyでの勤務経験があります。

ペンシルベニア大学で化学工学の学士号を取得し、さらにMITスローンスクールでMBAを取得しました。英語、アラビア語、ギリシャ語を話します。世界経済フォーラムの若手グローバルリーダーに選抜され、2017年度クラスに参加しました。世界経済フォーラムは、オマルの選抜にあたって、彼を「サウジアラビアにおける雇用創出、雇用およびインフラのチャンピオンに成長した、広く認められる企業幹部」であると述べました。

アブドゥル・ラティフ・ジャミールの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディア、そしてヘルスケアです。同社は、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、 その従業員は40か国以上の国籍に渡りおよそ11,000人に及びます。