当社の社員

ハッサン・M・ジャミール

バイスプレジデント兼副会長

Abdul Latif Jameel Saudi Arabia

ハッサン・ジャミールは、サウジアラビアのAbdul Latif Jameelの社長代理兼副会長を務めています。同社は、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された家族所有の会社で、多角的な事業を国際規模で展開しています。

ジャミールはサウジアラビアにおけるAbdul Latif Jameelの国内事業を統括しており、自動車、土地および不動産、機械などの事業の責任者です。 Abdul Latif Jameelの取締役会のメンバーでもあります。 現在の役職に就く以前は、日本のトヨタ自動車株式会社に勤務していました。

またハッサン・ジャミールは、Community Jameel Saudi Arabiaの社長です。同社は雇用創出、貧困対策、水と食料の安全事業をはじめとする幅広い取り組みを通じて、中東を越えて社会と経済の持続可能な発展に尽力しています。Community Jameelはまた、マサチューセッツ工科大学(MIT)とのパートナーシップのもとに、世界的な課題に取り組むために多数のプログラムを展開しています。

ジャミールは、Community Jameelの交通安全への取り組みに深く関わっています。この取り組みはサウジアラビアでの教育および啓蒙活動を通じた安全運転の促進を目的としたものです。さらに、国連難民高等弁務官事務所が展開するプログラムなど、人道的イニシアチブにも多数関与しています。

ジャミールは東京大学のグローバル東京諮問委員会MIT工学部長の諮問委員会のメンバーでもあります。 これと並んでCoMotionの顧問を務め、また同地域の家族ビジネスの成長と発展を支援するFamily Business Council – Gulfに創設時からメンバーとして関わっています。

ジャミールは東京の上智大学で国際経済学の学士号を、さらにロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得しました。英語、アラビア語、日本語を話します。

Abdul Latif Jameelの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディアなどです。同社はMENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、40か国以上の国籍にまたがる約15,000人の従業員を擁しています。