時計をわずか50年前に戻してみましょう。今日のグローバルモビリティの状況はかろうじて認識できる程度でしかないでしょう。当時の世界人口37億人に対し、新車とトラックの生産台数はわずか3,000万台、航空機を使用する人々はたったの3億1,000万人にすぎませんでした。

時計を現代へと戻しましょう。世界の人口は倍増し、新車の生産台数は3倍となるおよそ年間1億台に、そして航空機を利用する乗客数は10倍以上の40億人以上へと増加しました。[1], [2]

地球上には今までで最も多くの人々が暮らしており、当然モビリティに対する需要は増大しました。世界の人口レベルが増大し、生活水準が上昇し続けるにつれ、このモビリティに対する需要も増大し続けるでしょう。しかし、今日のモビリティモデルが1969年のモデルと大きく異なって見えるのは、需要によるものだけではありません。

50年前、ほとんどの人に対するモビリティの選択肢に、何十年もの間、変化はありませんでした。モビリティとは通常、内燃機関、列車、または船のことを指していました。空の旅は大抵、お金持ちの領域でした。当時の市内交通政策は、できるだけ多くの車両を、できるだけ早く市内または郊外に到着させることを優先する傾向にありました。

しかしながら、近年、世界中のモビリティに対する期待、モデル、技術が全て劇的に変化しています。ヨーロッパ、北米、中東、その他の地域の今日の交通プランナーや市民リーダーたちは、従来の自動車を奨励するのではなく、都市から禁制する傾向を強めています。たとえば、パリ、マドリッド、メキシコシティ、アテネの市長たちは、2025年までに市内中心部から最も汚染度の高いディーゼル車を禁止する計画を立てている、と述べています。[3]

私たちの社会は、世界中の多くの人々や大量の商品を、より速く、よりクリーンに、さらに効率的に移送するための方法を模索していることから、この変化のペースは、今後数十年に渡りさらに加速するでしょう。

新しいモビリティシステムが将来運営される方法、そしてその土台となる技術を理解することで、私たちが直面するチャンスや課題に光を投じることができます。これらの変更を予測することが、経済の推進、環境の保護、および社会の擁護に役立ちます。しかし、このニーズに対処するための最善の方法を計画することは今すぐ始める必要があります。

困難な道のりにも関わらず、車の所有は増大

一見したところ、従来型自動車の今後の長期見通しは良好とは言えません。市街道路は累進的に渋滞が悪化し、ドライバーは仕事をしたり、プライベートの余暇を楽しんだりする代わりに車内に閉じ込められています。今後15年間にわたり、街の密度は30%増加するとされており、[4]世界中の多くの大都市圏ではインフラの限界を超えています。必要な道路に対して物理的なスペースが足りないため、今までにないほど多くの車が既存の道路へと注ぎ込まれています。

交通情報会社、Inrix[5]の調査によると、ロンドンではドライバーは平均年間73時間を渋滞に費やしています。ロンドンは渋滞が世界で7番目にひどい都市として、そして英国全体はヨーロッパ最悪の渋滞国としてランクされています。一部のドライバーは年間最大で32時間を渋滞に費やし、これは機会原価ではおよそ310億英ポンド(386億米ドル)に換算されています。

Transport for Londonが昨年発表したデータによると、多くのルートでバスの平均速度が毎時5マイル未満であることが明らかにされました。これは平均的なロバの足よりも遅い速度です!香港でも状況は類似していて、2015年の政府報告書によると、一部の中心道路の平均速度は毎時6マイル未満です。[6]

その上、公害の問題もかなり重要です。国連環境プログラムによれば、気候排出ガスの一因として、最も速いスピードで成長を遂げているのが交通セクターです。黒色炭素や二酸化窒素を含む車やその他車両が排出する粒子は、呼吸器疾患、脳卒中、心臓発作、認知症、糖尿病など幅広い疾患の原因となります。[7]

米国では、自動車とトラックは、米国の排出量の約5分の1を占めます。一方、自動車、トラック、飛行機、列車、船舶、貨物輸送を含む交通セクターは、米国の全地球温暖化排出量のほぼ30%を産出しており、これはおそらくその他のどのセクターよりも多いでしょう。[8]そのため、交通フリートから排出量を削減するために講じるあらゆる手段が、排出や大気質に対する指数関数にメリットをもたらします。

大気汚染は、英国では毎年4万人と推定されている若年死の原因となっています。英国政府(2015年以降、大気質に関わる訴訟3件で敗訴した)は、30億英ポンド(39億米ドル)のクリーンエアー戦略の一環として、2040年からガソリン車とディーゼル車およびミニバンの新車販売を禁止する計画を立てています。

英国だけではありません。

フランスでは、2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を終了することを宣誓しています。一方デンマークでは、2030年までにガソリン車とディーゼル車の新車の完全禁止、2035年までにはハイブリッド車の新車の撤廃も提案しています。[9]

データはさまざまですが、多くの科学的研究によれば、改善措置を取らなければ今世紀末までに世界の平均気温が数度上昇するということは現実的であると予測されています。そしてパリ協定が守られなければ、2050年までに世界の4分の1が干ばつに見舞われる可能性があります。[10]

化石燃料供給の減少は、現在の世代の自動車やトラックの寿命にさらなる影を落としています。既知の埋蔵量と年間生産レベルによると、石油と天然ガスは50年ほどで尽きてしまう可能性があります。[11]

このような難点や制限があるにも関わらず、自動車には回復力があることが実証されています。米国と中国の2か国だけで、現在およそ5億台の車が走っているとされています。[12]この2か国の一人当たりの車両所有率(米国は877台/1,000人、中国は155台/1,000人)の違いと、アジア経済が今後継続的に成長の軌跡を辿っていくことを考慮すると、中国の車両所有率の拡大は今後長期に渡り続いていくことが示唆されます。サウジアラビアでは、急速に経済が成長していますが、2015年と同様に登録自動車数が660万台に達し、過去10年間の二倍となりました。[13]

「プライベート車」のコンセプトが身近になってからまだ数年ですが、このような車の性質と、それがより広域に渡る交通の展望といかに互いに影響し合うかについては、将来のモビリティシステムで最も大きな変化が見られると期待されるエリアの1つです。

将来の車両ビジョン

グローバル管理コンサルタントのMcKinseyは、多くの都市エリアでは、巨大都市の成長、Uberや中国でのDidi Chuxingなどの突然の事業中断、電化によって推進されるモビリティ革命がおこると信じています。「モビリティの将来に関する統合的観点」[14]報告書で、McKinseyは、世界的にはこの変更はさまざまですが、一般的には3つのモデルのうちの1つに基づくと述べています。

  • クリーンな共有型モデルは、メキシコからインドまでの開発途上国の人口密度の高い大都市圏に適用されます。これらの国々では、乏しいインフラと無計画に作られた道路により、自動運転の内燃機関エンジン車の継続的な増加が制限されます。その代わりに、ハイブリッド車や電気自動車(EV)が、カーシェア、ライドヘイリング、拡張された公共交通システムとともに表立っています。Mckinseyでは、2030年までに、多くのアジア都市でカーシェアが旅の50パーセント近くを占めると考えています。
  • プライベート自律型モデルは、都市のスプロール現象によって車を所有することが不可欠な米国など、より発展した経済に影響を及ぼします。これに便利かつ素早いチャージステーションにあふれる「スマートシティ」とつながったEV車だけでなく、自動運転機能のあるAI車の数も増加するでしょう。最近開催されたFrankfurt IAAモーターショーでは、この種の車両が多く発表されました。
  • シームレスなモビリティシステムは、ロンドンやシンガポールのような裕福で、人口密度の高い都市で公共で使用されています。このような都市では、プライベート車、カーシェア、公共の交通が現代的なスタイルで、スマートソフトウエアプラットフォーム全管理的に統合されています。

McKinseyは、電気化のための事例を挙げて、「リチウムイオンバッテリーパックのコストは、2010年から2015年までの間に65%低下しました。そして今後10年間で、1キロワット当たり100米ドル以下にまで低下することが予想されています。」と述べています。

これらの変化はすでに影響を及ぼしています。電気自動車の世界販売データベースである、EVボリュームからのデータによると、2019年の上半期は1,100万台のプラグイン型電気自動車が販売され、2018年の同じ時期よりも46%高いことが明らかになりました。これには、すべてのバッテリー駆動型およびプラグインハイブリッド(PHEV)乗用車、南北アメリカ大陸の軽トラック、ヨーロッパとアジアの商用車の販売が含まれています。このデータによると、販売の74%がバッテリー駆動型車両、16%がPHRV車となっており、これは2018年の同じ時期と比較すると11%もバッテリー駆動型に移行していることを示しています[15]

McKinseyの報告書は、プライベートセクターと公共セクターが、共通の目標に向かって協業することを強く勧めています。政府とイノベーターたちは、たとえば、自動運転車やカーシェアスキームのようなあるモデルの一部の側面の成功が、公共交通機関などの他者をいかに拮抗する可能性があるかについても認識する必要があります。

実際に、公共交通機関では、世界中で電気化のペースが速まっています。2017年には、中国の都市、深圳市では、市のすべてのバス、16,000台以上が電気自動車へと変わり、世界初の100%電気バス・フリートを提供しています。ドイツでは、Siemensがバス運営会社と提携し、相互運用性を確保するための重要なステップとなる、異なるメーカーからのモデルが使用できる再充電ステーションの提供に取り組みました。[16]

同様に、オーストラリアのアデレードでは、2013年に世界初の電動太陽光発電バスが導入されました。また、2019年、ロンドンでは、新しいゼロ・エミッション型ダブルデッカー・バスを68台フリートを追加し、市内の電気バスの総数を240台にまで増量しました。ロンドンでは、2037年までにすべてのバスをゼロ・エミッションにする、と当局は述べています。[17]

これら公共モビリティの新しいモデルにも関わらず、都市でのEスクーターやハイヤーバイクは増大しており、一人用車両の需要は衰退からは程遠い状況です。Deloitteの業界専門家たちは、「マイクロモビリティ」を異種の公共交通機関ネットワークに参加し、自家用車への依存を減らし、温室効果ガスを削減する可能性があるとして、注目しています。

成長は急激に進んでいます。

Deloitteによると、EスクーターレンタルサービスのBirdは、カリフォルニア州で初年度に1,000万乗車に達し、LimeのEスクーター、Eバイク、およびカーシェアは同様の期間で3,400万乗車を記録しました。[18]

生来、マイクロモビリティには、破壊行為や盗難、回収や再充電ユニットのコスト、商業輸送用としての不適切性、政府の各種方針(安全性や線路敷設権など)との整合性など、自身の抱える一連の課題があります。

もう一度繰り返しますが、プライベートセクターと公共セクターは、初期の熱意の継続を確認するために協働する必要がです。そして、マイクロモビリティは行政手続きや規制の元に消失することはありません。Deloitteはマイクロモビリティを通じて、「先駆的な都市では、既存のインフラの制限を超える真のチャンスがあり、将来のモビリティ・エコシステムを管理する新たなアプローチを採用しています。」

つまり、これらの技術は、より環境に優しい空の旅(電気駆動の航空機は現在テスト段階で、一部のフライトは太陽光駆動になります)やエコ列車(2018年9月には、世界初の商用水素駆動旅客列車がドイツのニーダーザクセンで実用化されます[19])およびエコトレイン(2018年9月に、ドイツのニーダーザクセンにおいて、世界初の商業用水素電動乗車型乗車型列車をご利用いただけます。[20])のより広い景観に組み込むことができ、すべての人にとってよりクリーンで、安全かつ高速な旅の先駆けとなります

絶好のチャンスを活用するために、独自に配置

もしパーソナル・モビリティの将来が電気化であるとすれば、中東の国々ほど成功に有利な位置にある国はほぼないでしょう。長時間に渡る強烈な太陽、手頃な価格の労働、広大な空き地により、この地域では太陽電力による電力生産が増加しています。

サウジアラビアだけでも、今後10年間にさらに9.5 GWのグリーンエネルギーを追加する計画を立てています。ヨルダンとエジプトも同様に、太陽光発電プロジェクトのために国際銀行から財政的支援を確保しています。調査コンサルタントのウッド・マッケンジー氏は、PV市場の最速のムーバーたちが、中東と地中海地域(サウジアラビア、イラン、エジプト、イタリア)周辺にすべて集中していることを認識しています。[21]

多くの中東都市が相関的に「若い」ことも有利です。2018年アブダビで開催された第4回将来のモビリティ国際会議で演説した、オーストラリア運輸技術革新省の技術部長であるクリスチャン・ドレークリック氏は、将来のモビリティシステムにおけるAIの早期導入者としてUAEを指定しました。

「ヨーロッパと比較して、UAEは交通インフラに長い歴史を持っていません。この国は標準の投資と技術的に限定されたモビリティパートナーを持つ「古い遺産」を考慮する必要がないことから、やがてこれが有利に転じる可能性があります。」と、ドレークリック氏は述べます。UAEは、技術開発ステージの一部を跳び越え、新しいモビリティソリューションの起動に直接取り組むことによって、AIを実現可能な技術としてフル活用することができます。」[22]

重要なのは、必ずしも個々のモビリティ資産を所有することではない、と主張する人もいます。むしろ、重要なのはこれらのさまざまな交通手段を統合するデジタルプラットフォームを制御することにあります。これは交通の流れを管理するだけでなく、単一かつリアルタイムで使いやすいインターフェイスを介し、交通情報にアクセスすることも可能です。

中東の将来の道路ネットワークは、渋滞と安全性の課題に取り組む必要があります。この急激にモビリティ化が進んでいるいずれの地域も、先進国を追い越しています。たとえばドバイでは、平均的な外出は非混雑時と比べると29%長くかかり、西ではこれと比較して20%です。[23]交通事故死に関してもまた、より多くの車の速度規制と執行を通じて取り組む必要があります。UAEでは、10万人の住民あたり18.1人の死者となっており、サウジアラビアでは27.4人、オマーンでは25.4人、英国ではわずか3.1人です。[24]

特に中東では、個々の方法ではなく、統合された方法で交通システムを見直すことが不可欠です。暑い気候の地域では、特に夏の何か月間は、歩行やサイクリングが1日のうち長時間にわたっておこなえる選択肢とはなりません。可能な場所では、公共の交通システムがドア・ツー・ドアのソリューションを模倣する必要があります。外出手段をシームレスに終結させることができれば、自動的に人気が高まります。

この領域はビジョンと先見性にあふれています。ドバイの自律型交通戦略は、2030年までにドバイの総交通の25%を自律型モードに変換することを目的としており、これは毎日500万件の外出が含まれ、年間220億AEDディルハムにおよぶ経済コストを削減します。[25]リヤドでも同様に、政府は、都市全体にわたってメトロ、バス、バスの高速交通システムを統合する、新しい輸送システムに何十億ドルも投資しています。

新しいタイプのモビリティに向かって

アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、将来の世代にとって持続可能な環境をサポートすることにも情熱を注いでおり、よりクリーンで効率的なモビリティシステムに貢献しています。

中東および北アフリカ地域とそれだけにとどまらない主要セクターにおける影響力のあるインフルエンサーであり、繁栄する地域社会にとって持続可能かつ効率的な交通オプションの重要性を認識しています。人や商品の移動を計画することは、住宅、教育、健康のための計画をすることと同じくらい重要であり、これらすべてのセクターにもフィードします。

アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、長年に渡りトヨタの販売代理店を務めています(サウジアラビアにて1955年以来)。トヨタ自体は、より環境に優しく、より効率的なモーター車に向かった動きの最前部にいます。トヨタはハイブリッド電気自動車(HEV)販売の世界市場のリーダーであり、1997年にトヨタ・プリウスとして最初にこの種の車の大量生産に成功し、現在これは400万台を超える世界で最も販売されているハイブリッド車となっています。

環境モビリティソリューションの最先端にいる、トヨタのリーダーシップとイノベーションはこれだけには留まりません。2000年代初頭から水素燃料電池自動車の研究および開発してきました。2014年には圧縮型水素ガスで稼働し水のみを排出する、ゼロ・エミッションの水素燃料電池車両である、ミライを発表しました。

アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、ダーラン・テクノ・バレー・サイエンス・パークで、サウジアラビア初の水素車両燃料ステーションを開設する、Saudi AramcoとAir Products間のパイロット・プロジェクトに、ミライ車のテストフリートを提供しました。

(左から右へ): キング・ファハド石油鉱物大学(KFUPM)学長、ダーラン・テクノ・バレー・ホールディング・カンパニー(DTVC)会長、サヘル・N・アブドゥルジャウワード博士;エア・プロダクト会長、社長兼最高経営責任者、セイフィ・ガセミ;及びサウジ・アラムコ社長兼最高経営責任者、アミン・H・ナーセルは、2019年6月18日、ダーラン・テクノ・バレー・サイエンス・パークに在るエア・プロダクトの新テクノロジーセンターにサウジアラビア初の水素燃料補給スタンドを開設します。写真クレジット © Air Products

アブドゥル・ラティフ・ジャミールのラアド・アル=サアディは、水素について、「電気自動車と比較すると、より高いレンジャーを持ち、ガソリンスタンドでの5分間と同じ給電体験を提供するクリーンかつ持続可能な燃料」と説明しています。[26]

より持続可能な将来のモビリティモデルに対するコミットメントをさらに実証するアブドゥル・ラティフ・ジャミールは、急成長を遂げている米国ベースのEVおよびモビリティ企業である、RIVIANの主要な投資家です。RIVIANのその他の投資家には、同社で7億米ドルの資金調達ラウンドへと導いた小売りの巨人Amazon、そしてFord Motor Companyからは5億米ドル、その後一番最近では、Cox Automotiveからの追加3億5千万米ドルが名を連ねます。

Amazonの世界消費者部門CEOのジェフ・ウィルク氏は、Amazonが「電気交通の将来に関しては、RIVIANのビジョンによって刺激されています」と述べ、2040年までにジャイアント・カーボンニュートラルを作成する意向を発表しました。Amazon CEOのジェフ・ベゾス氏は、RIVIANに配送用電気自動車を10万台発注し、2022年までに1万台、2030年までに全10万台を路上で稼働させ、2030年までに年間400万トンの炭素を保存します。」と述べています。

 

光化学スモッグは、多数の車両が走る都市部で最も顕著に発生します。
写真クレジット © Daniel Stein/iStock.com



RIVIANは、電気ピックアップトラック(R1T)と電気SUV(R1S)の最初の2つのモデルを、2020年の製造開始に向けて、2018年のLAオートショーで発表しました。この車両は「自律性レベル3」として分類されており、ドライバーは安全に道路から目を離すことが可能です。これは、電気自動車のパフォーマンスを再定義するであろうと予測されています。たとえば、RIVIANのトラックは3秒以内に0~97kg/時に達し、水深1.1mを安全に横断し、45度の傾斜を登ることもできます。最新モデルでは、1回の充電で725kmレンジを誇ると言われています。

このような進歩は刺激的ですが、モビリティの将来とはある個別の製品、システムあるいはブランドに限ったものではありません。政府、研究者、技術者およびプランナーが口をそろえて唱える合言葉は、「統合」です。

もちろん、電気自動車や水素自動車、電気バス、Eスクーターや自律型メトロなどの特定の技術は、将来のモビリティ展望の主要な部分ではありますが、これらの異なるノードを併せ、使いやすく、効率的な統合型モビリティシステムに終結させることだけでも、長期的な変化を実現し、数十年に渡る動向と公共予測の変化を変えることができます。

Deloitteは、政府とモビリティの将来報告書で[27]「新しいモビリティ・エコシステムの作成と維持には、従来の業務を進める方法の再考が必要となります」と述べています。

これは地球上のすべての地域社会に触れる課題です。しかし、グローバルスケールでの革新的な投資は、アブドゥル・ラティフ・ジャミールのビジネスに対するアプローチの土台です。交通からエネルギー、Eコマースから不動産まで、世界中の主要市場の「暮らしのインフラ」への継続的な投資を通じて、アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、よりクリーンで、環境に優しい皆のための未来を届けるための助けとなるモビリティへの新しいアプローチを支援していくことをお約束します。

[1] https://www2.deloitte.com/insights/us/en/focus/future-of-mobility/government-and-the-future-of-mobility.html

[1] https://www.bts.gov/bts/archive/publications/national_transportation_statistics/table_01_23

[2] https://data.worldbank.org/indicator/IS.AIR.PSGR?end=2017&start=1970

[3] Gearing up for change: transport sector feels the heat over emissions

[4] https://www.mckinsey.com/business-functions/sustainability/our-insights/an-integrated-perspective-on-the-future-of-mobility

[5] http://inrix.com/scorecard/

[6] https://www.erp.gov.hk/download/PEReport_full_EN.pdf

[7] Gearing up for change: transport sector feels the heat over emissions

[8] https://www.ucsusa.org/clean-vehicles/car-emissions-and-global-warming

[9] Gearing up for change: transport sector feels the heat over emissions

[10] https://www.nature.com/articles/s41558-017-0034-4

[11] https://ourworldindata.org/how-long-before-we-run-out-of-fossil-fuels#note-6

[12] https://www.forbes.com/sites/jackperkowski/2018/11/27/will-2018-be-an-inflection-point-for-chinas-auto-sales/#5d5b30983ed1

[13] https://www.ceicdata.com/en/indicator/saudi-arabia/motor-vehicle-registered

[14] https://www.mckinsey.com/business-functions/sustainability/our-insights/an-integrated-perspective-on-the-future-of-mobility

[15] http://www.ev-volumes.com/news/81958/

[16] Gearing up for change: transport sector feels the heat over emissions

[17] https://www.intelligenttransport.com/transport-news/87086/the-london-electric-bus-fleet-is-the-largest-in-europe/

[18] https://www2.deloitte.com/insights/us/en/focus/future-of-mobility/micro-mobility-is-the-future-of-urban-transportation.html

[19] https://www.theguardian.com/environment/2016/jul/26/solar-impulse-plane-makes-history-completing-round-the-world-trip

[20] https://www.theguardian.com/environment/2018/sep/17/germany-launches-worlds-first-hydrogen-powered-train

[21] https://www.woodmac.com/news/editorial/10-trends-shaping-the-global-solar-market-in-2019

[22] https://www.dubaiglobalnews.com/2018/11/08/94531

[23] https://www.newmobility.global/future-transportation/urban-mobility-growth-leading-example-middle-east/

[24] Global status report on road safety 2018, WHO, 2018.

[25] Dubai World Congress for Self-Driving Transport

[26] https://www.alj.com/en/news/saudi-aramco-air-products-build-saudi-arabias-first-hydrogen-fuel-cell-vehicle-fueling-station/

[27] https://www2.deloitte.com/insights/us/en/focus/future-of-mobility/government-and-the-future-of-mobility.html