シデシュ・カール

Sidhesh Kaul

シデシュ・カール

Abdul Latif Jameel投資担当副社長 兼 JIMCO最高経営責任者

シシシュ・カウルは、故アブドゥル・ラティフ・ジャミールが1945年に設立した家族所有のグローバル多角化企業、Abdul Latif Jameel(アブドゥル・ラティフ・ジャミール)の投資担当副社長、およびジャミールファミリーの投資会社であるJIMCOの最高経営責任者を兼任しています。

カウルは、Abdul Latif Jameelのすべての投資部門を監督しています。

カウルは世界複数の市場で金融法務を経験しており、現職に就任する前は、17年以上にわたりAbdul Latif Jameelの財務および法務担当副社長を務めました。大手グローバル銀行グループでキャリアをスタートさせてから30年以上にわたり、多角化事業を展開する多国籍コングロマリット企業で上級職を歴任してきた実力派です。Abdul Latif Jameelに入社する前は、別の家族所有の多角化企業に10年以上勤務しています。

カウルは、Abdul Latif Jameelの事業全体にわたり、多数の取締役を兼任しています。Abdul Latif Jameel Finance(アブドゥル・ラティフ・ジャミール・ファイナンス)、Abdul Latif Jameel Energy(アブドゥル・ラティフ・ジャミール・エナジー)の一部門であるFotowatio Renewable Ventures(フォトワティオ・リニューワブル・ベンチャーズ:FRV)Almar Water Solutions(アルマー・ウォーター・ソリューションズ)はその主たる例です。また、以前はRivian(リヴィアン)の取締役にも就任していました。

カウルはインド工科大学で機械工学の工学士号を取得後、インド経営大学院で金融およびマーケティングを中心とする経営管理学の準修士号(Post Graduate Diploma)を取得しています。また、ムンバイ大学で法学士号、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカルサイエンス(LSE)で会計ファイナンス学の修士号を取得しています。

カウルは、英語、ヒンディー語、マラーティー語、カシミール語、マレー語/インドネシア語を流暢に話すマルチリンガルです。

Abdul Latif Jameelの主要事業は、輸送、エンジニアリング・製造、金融サービス、不動産土地管理、エネルギー・環境関連サービス、消費者向け製品、広告・メディア、ヘルスケアなど多岐の分野にわたります。同社はMENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域を拠点に、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋地域、南北アメリカなどの6大陸30か国以上で事業を展開しています。従業員数は約11,000名で、従業員の国籍は40か国以上に及びます。