榎並滋喜

Shigeki Enami (榎並滋喜)

榎並滋喜

社長兼最高経営責任者

Abdul Latif Jameel Japan

Shigeki Enami(榎並滋喜)は、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、独立系の国際的な、家族所有の多角的な事業群からなる企業集団のAbdul Latif Jameelの一員であるAbdul Latif Jameel Japanの社長兼最高経営責任者です。

榎並は、Abdul Latif Jameelの日本での事業運営、成長、ならびに再生可能エネルギーからヘルスケアまでの幅広い分野での新規事業開拓を含み、アジア太平洋地域全体での事業の発展を統率しています。これには、アジアの製造企業によるAbdul Latif Jameelとの連携によるMENA(中東・北アフリカ)で工場設立への支援も含まれます。

榎並は、2014年に現在の職務に就く前は、ワシントンDCの法律事務所への出向を含めて、日本のトヨタ自動車株式会社およびベルギーにあるToyota Motor Europeで法務、販売およびマーケティングの幹部職を数多く歴任しました。

榎並滋喜は神戸大学で法学士号を取得しています。日本語と英語を話します。

Abdul Latif Jameelの中核事業分野には、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディアが含まれます。MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置くAbdul Latif Jameelは、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなど、六大陸にわたる30か国以上で事業を展開しています。同社は、40か国以上の国籍にまたがる約11,000人の従業員を擁しています。