Mohammed Y. Hakami

Mohamed Hakami

Mohammed Y. Hakami

エグゼクティブ・ディレクター

Community Jameel

モハムド・ハカミは、コミュニティを支援するというジャミール・ファミリーの伝統を継承するために2003年に正式に設立された、持続可能な社会的企業組織であるCommunity Jameelの事業開発担当エグゼクティブ・ディレクターです。

2007年にBab Rizq Jameelに入社し、2010年にCommunity Jameelの国際的イニシアチブおよび事業開発担当ディレクターに就任。文化芸術、教育、交通安全、資金調達、社会・健康、およびMITエンタープライズフォーラムと連携した起業家精神スタートアッププログラムなどで、幅広い分野のイニシアチブや組織の国際的プログラムの開発を統率しています。

2017年にCommunity Jameel Foundationの役員に任命され、2018年にBab Rizq Jameel ServicesのディレクターおよびBab Rizq Jameel Microfinanceの副会長に任命されました。

モハムド・ハカミは、ジッダ科学技術センターでキャリアをスタートさせ、同センターで数々の管理職を歴任し、最終的に同センター長に就任しました。Abdul Latif Jameelへの参画以前は、ジッダの経営管理学院で学務長として5年間勤務しました。

キング・アブドゥルアズィーズ大学で化学工学の学士号を、サウジアラビアのジッダのビジネス工科大学経営管理学院でMBAを取得しています。アラビア語と英語が堪能です。