モハメド・ジャミール

Mohammed Jameel

モハメド・ジャミール

創設者

Community Jameel 

モハメド・アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、著名な慈善家であり、Community Jameelの創設者です。

彼はまた、彼の父親である故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって1945年に設立された、国際的な、家族所有の、多角的な企業であるAbdul Latif Jameelの会長兼最高経営責任者でもあります。

グローバルな視野を持つ社会的企業組織であるCommunity Jameelを通じて、ジャミールは父親によって確立された慈善事業の伝統を継続してきました。

ジャミールは、中東および北アフリカにおいてCommunity Rameqの最重要課題である生活向上に取り組むBab Rizq Jameelを立ち上げ、新規雇用イニシアチブ、マイクロファイナンスのプログラム、地域の問題や事情に合致した革新的な提案で、数十万人もの男女が仕事を通じて自身の生活を向上させられるように支援してきました。

また、ジャミールは、芸術の後援者として、芸術や遺産を学ぶプログラムによって、世界中の芸術家や創造的なコミュニティを支援する目的で、Community Jameelの姉妹組織であるArt Jameelを創設しました。これには、ドバイのJameel Arts Centre、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館のJameel GalleryおよびJameel Prize、ジッダのHayy: Creative Hub、さらにエジプト、サウジアラビアなどにおける文化遺産の保護や遺産に基づく創造的な産業の支援を行うセンターやプログラムのネットワークが含まれます。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生であるジャミールは、Community JameelをMITとの長年にわたる深い協力関係に導き、Abdul Latif Jameel Poverty Action Lab(J-PAL)、Abdul Latif Jameel Water and Food Systems Lab(J-WAFS)、Abdul Latif Jameel World Education Lab(J-WEL)、Abdul Latif Jameel Clinic for Machine Learning in Health(J-Clinic)のMITの4つの主要なセンターを通じて、Community Jameelのグローバル開発事業の多くを支えてきました。

また、Community JameelはMITと共に、1994年にはアジアと中東からの学生のための学部生奨学金も創設し、2005年よりアラブ世界の起業家を支援および指導し、さらにJ-WELを通じて難民教育への革新的なアプローチを開拓しました。Abdul Latif Jameel Poverty Action Lab(J-PAL)の共同創立者であるエスター・デュフロ氏とアビジット・バネルジー氏は、長年にわたるJ-PALアフェリエイトのマイケル・クレマー氏と共に、2019年ノーベル経済学賞を受賞しました。ジャミールはMIT Corporationの終身会員です。

Community Jameelはまた、世界的な疾病の脅威と闘うために、Imperial College Londonと共同でAbdul Latif Jameel Institute for Disease and Emergency Analytics(J-IDEA)を設立しました。

ジャミールは、サウジアラビアの若い男女の雇用創出の取り組みに対する個人的な貢献を称えられて、サウジアラビアで最高位の賞であるアブドゥッラー国王陛下からはKing Abdul Aziz Medal of the First Orderを、慈善活動と文化芸術の発展への支援に対してエリザベス2世女王陛下からは名誉騎士号(KBE)を授与されるなど、多数の賞と栄誉を授与され認められています.