マーク・フェンサム

Mark Fensome

マーク・フェンサム

アシュアランス担当バイスプレジデント

Abdul Latif Jameel Saudi Arabia

マーク・フェンサムは、サウジアラビアにあるAbdul Latif Jameelのアシュアランス担当のバイスプレジデントです。同社は、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、独立系の国際的な家族所有の多角的な事業群からなるAbdul Latif Jameelの一員です。

チェックアンドバランス(抑制と均衡)、監視および企業の説明責任など、Abdul Latif Jameelのガバナンス体制の継続的な見直しと強化を行う責任者です。

主要小売企業でそのキャリアを開始し、そこで金融、オペレーション、ガバナンスの分野で上級職を歴任しました。その企業は彼の在職中に、国内向けの家族経営から国際的な上場企業へと発展を遂げました。また2010年には、180か国で事業展開する220以上のブランドからなる国際的な旅行およびレジャー企業で、グループ監査サービスのディレクターを務めました。

フランス語および歴史学の文学士号を取得し、また公認会計士および公認内部監査人です。

Abdul Latif Jameelの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディアなどです。同社は、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、約11,000人の従業員を擁しています。