ハッサン・ジャミール

Hassan Jameel

ハッサン・ジャミール

サウジアラビア大統領

Community Jameel

ハッサン・ジャミールは、コミュニティを支援するジャミール・ファミリーの伝統を継続する目的で、2003年に正式に設立された、企業活動を支援する社会活動団体であるコミュニティー・ジャミール(Community Jameel)サウジアラビアの社長を努めています。

コミュニティ・ジャミール (Community Jameel) は、雇用創出、文化芸術、グローバル開発、教育、及び健康と社会を含む、幅広いイニシアチブを通じて、中東及び中東を越えて、社会及び経済的な持続可能性の実現に貢献しています。これらの中には、特に、受賞歴のある国際的な雇用創出イニシアチブであるBab Rizq Jameelや、MITと提携して設立された MIT Abdul Latif Jameel World Education Lab(J-WEL)のような、いくつかの代表的なイニシアチブが含まれており、後者のイニシアティブは、最近、中東で大規模な難民教育イニシアティブを開始しました。これが、MIT Abdul Latif Jameel Clinic for Machine Learning in Health(J-Clinic)であり、疾患の予防、検出および治療に革命を起こそうとしています。また、MIT Abdul Latif Jameel Poverty Action Lab(アブドゥル・ラティフ・ジャミール貧困アクション・ラボ)(J-PAL) は、世界中の貧困を軽減するため、エビデンスに基づく科学的アプローチを採用しています。

ハッサン・ジャミールは、また、アブドゥル・ラティフ・ジャミール社の副社長兼副会長も務めており、自動車、土地及び不動産、そして機械を含む、国内事業を統括しています。ハッサン・ジャミールは、アブドゥル・ラティフ・ジャミール社の取締役会のメンバーです。

ハッサン・ジャミールは、東京の上智大学で国際経済学の学士号を取得し、さらに英国ロンドンにあるロンドン・ビジネス・スクールでMBAの学位を取得しています。