ファイサル・エルサマンノウディ

Faisal Elsamannoudi

ファイサル・エルサマンノウディ

副会長

Abdul Latif Jameel事業開発会社

ファイサル・エルサマンノウディは、Abdul Latif Jameel事業開発会社の副会長です。同社は、1945年に故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって設立された、独立系の国際的な、家族所有の多角的な事業群からなるAbdul Latif Jameelの一員です。

エルサマンノウディは、中古車事業、修理、サービスおよび付属品、石油および潤滑油ソリューション、FedEx Expressなど、自動車以外の物流など、中核の自動車販売代理店業に隣接する分野において、Abdul Latif Jameelの事業拡大および多角化を統率しています。

現在の役職に就く以前は、Abdul Latif Jameel社内および日本のトヨタ自動車株式会社で数多くの役職を務めていました。

現在は、家族開発プログラムとコミュニティの権限委譲に焦点を当てたNGOであるAl-Muwaddahの会長を務めています。はさらに、サウジアラビアのテクノロジー企業の取締役も務め、Abdul Latif JameelとHayat Abdul Latif Jameelのソーシャルプログラムおよび避難所プログラムを指揮しています。

リヤドのキング・サウード大学で生産工学の学位を取得し、フランスのINSEADでグローバル経営を学びました。

Abdul Latif Jameelの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディアなどです。同社は、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、40か国以上の国籍にまたがる約11,000人の従業員を擁しています。