ファイサル・A・アブダラ

Faisal Abdalla

ファイサル・A・アブダラ

バイスプレジデント

Abdul Latif Jameel Motors Saudi Arabia

ファイサル・アブダラは、アブドゥル・ラティフ・ジャミールに属するAbdul Latif Jameel Motors Saudi Arabia(アブドゥル・ラティフ・ジャミール・モータース・サウジアラビア)のバイスプレジデントです。アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって1945年に設立された、独立系の国際的な、家族所有のそして多角的な事業体です。

サウジアラビアで、世界有数のトヨタおよびレクサスの乗用車向け独立系販売代理店を統括し、物流、小売、アフターセールスおよび卸売の各事業を指揮しています。

また、Human Resources & Kaizen(ヒューマンリソース・アンド・カイゼン)の本社副社長であり、アブドゥル・ラティフ・ジャミール全体の人事プロセスおよびカイゼンのよりハイレベルな一貫性と標準化を実現すべく尽力しています。

2001年、乗用車部門のマネージング・ディレクターに着任しました。それ以前には、著名な金融およびテクノロジー企業で上級管理職を歴任しました。

エジプトのカイロにあるアメリカン大学で、経済学および経営学の学位を取得しています。

アブドゥル・ラティフ・ジャミールの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディア、そしてヘルスケアです。同社は、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、40か国以上の国籍を持つおよそ11,000名の社員を有します。