ファディ・M・ジャミール

Fady Jameel

ファディ・M・ジャミール

バイスプレジデント兼副会長

Abdul Latif Jameel International

ファディ・モハメッド・アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、アブドゥル・ラティフ・ジャミールの国際担当副社長兼副会長です。同社は、故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって1945年に設立された、家族所有の多角的な事業体です。

MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域、ヨーロッパ、南北アメリカでのアブドゥル・ラティフ・ジャミールの国際事業を統括しており、アブドゥル・ラティフ・ジャミールの取締役会メンバーを務めています。

Community Jameelの芸術・文化プログラムにも深く関わる彼は、Art Jameel(アート・ジャミール)の創設者および会長です。彼の芸術への情熱と鑑識眼は、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館やニューヨークのメトロポリタン美術館とのパートナーシップなど、芸術分野におけるイニシアチブとパートナーシップに数多くの成功をもたらしました。Art Jameelは近年、2つの大規模なアートセンターの開設を発表しており、Hayy: Creative Hubはサウジアラビアで2020年冬にオープン予定、またJameel Arts Center Dubai(ジャミール・アートセンター・ドバイ)がアラブ首長国連邦で2018年11月にオープンしています。これらのセンターは、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域やその他地域でのコンテンポラリーアートや創造的な起業家精神を支援・育成するためのプラットフォームとなります。彼はまた、MITのCouncil for the Artsのメンバーでもあります。 

現職に就く以前は、カリフォルニア州トーランスにあるレクサスの北米本社で、投資戦略、戦略的方向性、および同社の成長および投資計画のための技術レビューに従事していました。

東京の上智大学で政治学の学士号を取得しており、英語、アラビア語、日本語を話します。

アブドゥル・ラティフ・ジャミールの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディア、そしてヘルスケアです。同社は、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、40か国以上の国籍を持つおよそ11,000名の社員を有します。