Carlos Cosín

Carlos Cosin, Almar Water Solutions

Carlos Cosín

最高経営責任者

Almar Water Solutions

カルロス・コジンは、アブドゥル・ラティフ・ジャミールAbdul Latif Jameel Energyアブドゥル・ラティフ・ジャミール・エナジー部門に属するAlmar Water Solutions(アルマー・ウォーター・ソリューションズ)の最高経営責任者です。アブドゥル・ラティフ・ジャミールは、故アブドゥル・ラティフ・ジャミールによって1945年に設立された、独立系の国際的な、家族所有の、そして多角的な事業群からなる複合事業体です。

Almar Water Solutionsの運営と開発を指揮し、この分野における成功と成長を推進しています。

水道業界で25年の経験を持ち、自治体および産業セクターにおいて、世界各地の海水淡水化、廃水および水再利用プロジェクトの開発を行ってきました。その間、西アフリカ初のBOT(建設・運営・譲渡)方式による水プロジェクト開発をはじめ、BOT方式とEPC(設計・調達・建設)方式いずれもの協定締結を実現させ、2015年にはWater Company of The Yearを受賞しました。

マドリード工科大学で農業工学科を卒業し、欧州水イノベーション・パートナーシップ(EIP Water)の運営グループメンバーとして活躍後、現在は国際淡水化協会(IDA)の会長および理事を務めています。スペイン語と英語を話します。

アブドゥル・ラティフ・ジャミールの中核事業分野は、輸送、エンジニアリングおよび製造、金融サービス、土地および不動産、エネルギーおよび環境関連サービス、消費者向け製品、広告およびメディア、そしてヘルスケアです。同社は、MENAT(中東、北アフリカ、トルコ)地域に拠点を置き、ヨーロッパ、アフリカ、アジア太平洋、南北アメリカなどの6大陸にわたる30か国以上で事業を展開しており、40か国以上の国籍を持つおよそ11,000名の社員を有します。