アントニア・カーヴァー

Antonia Carver

アントニア・カーヴァー

ディレクター

Art Jameel

アントニア・カーヴァーは、アーティストや、クリエイティブコミュニティをサポートするArt Jameelの、ディレクターです。現在の担当しているイニシアチブには、文化遺産研究機関や修復プログラムの運営、さらに、オープンで、か繋がりのあるコミュニティの構築する芸術の役割を促進するための、あらゆる年齢層向けの幅広い芸術と教育イニシアチブなどがあります。劇的な社会的変化が起こりつつある現代、この役割は、これまで以上に重要になります。

Art Jameelは、Community Jameelの隣に位置付けられており、その姉妹組織の仕事を補完しています

アントニアは、アート・ジャミール (Art Jameel) の文化遺産、教育、芸術にわたる業務を監督しています。このディレクター職は、2018年ドバイにJameel Arts Center、2020年にジェッダにHayy: Creative Hubという各国の組織がオープンされるにあたり、Art Jameelの発展をけん引するため、創設されました。そして展覧会、教育、コミュニティプロジェクトを開始しています。

アントニア・カーヴァーは、出版および芸術ジャーナリズムの分野でキャリアを開始し、中東に拠点を移す前は、イギリスで多数の編集職を歴任しました。2004年、編集者としてBidounに入社し、後に、この中東芸術団体のプロジェクト部門のディレクターになりました。

アントニアは、中東の芸術と映画について広く執筆し、各国内と国際的な会議で定期的に講演し、また政府および非政府組織の理事会や委員会のメンバーを努めています。アントニアは、ドバイ国際映画祭の設立と開催に携わり、また、エジンバラ国際映画祭で、アラブとイランの映画専門家としての役割を務めてきました。

Art Jameelに入社する前、アントニアは、Art Dubaiのディレクターでした。アントニア・カーヴァーの在任中、この毎年恒例のイベントは、中東および南アジアで、また、多様な教育や非営利プログラムを含む世界で、最も重要な国際的催しとなりました。アントニア・カーヴァーは、エジンバラ大学で、社会人類学の修士号を取得しています。

Art Jameelの理想像は、協力的であることです。主要なパートナー団体には、Delfina財団メトロポリタン美術館Prince’s Foundation School of Traditional Arts、ビクトリア&アルバート美術館が含まれています。地域内では、当団体は、個人や組織と協力して、古来の技術と新技術の両方を取り入れた、革新的なプログラムを開発し、起業家精神と文化ネットワークの発展を促進しています。